吉祥読本

読書感想。面白そうな本なら何でも読みたい!

佐藤究

爆発物処理班の遭遇したスピン

著者:佐藤究出版社:講談社 長編だと思って読み始めたが、短編集だった。 ■「爆発物処理班の遭遇したスピン」 量子力学とテロを結び付けた表題作は緊迫する状況の中、 現実にありそうな米軍と日本の関係性と結末はリアルさを伴い、唸らされる。 ■「ジェリー…

2021年の5冊

バタバタしてるので簡単に。2021年の読書数は55冊と相変わらず低調。そのなかから印象的だった5冊は下記のとおり(順不同) ■テスカトリポカ 佐藤究 ■三体III 死神永生(上・下) 劉慈欣 ■インタヴュー・ウィズ・ザ・プリズナー 皆川博子 ■夜想#山尾悠子 山…

テスカトリポカ

著者:佐藤究出版社:KADOKAWA 「中国・SF・革命」にあった「ツォンパントリ」(本書にも出てきた)が 印象的だったので本書にチャレンジしたがなかなかハードな作品だった。 メキシコの麻薬カルテルの抗争、東南アジアや日本の犯罪組織による臓器売買や 容…

中国・SF・革命

著者:・小説 ケン・リュウ/柞刈湯葉/郝景芳/王谷晶/閻連科/佐藤究/上田岳弘/樋口恭介/・エッセイ イーユン・リー/ジェニー・ザン/藤井太洋/立原透耶 出版社:河出書房新社 勝手に中国人作家によるSFアンソロジーだと思っていたが中国を舞台にし…