吉祥読本

読書感想。面白そうな本なら何でも読みたい!

小川哲

2022年の10冊

歴史的に見ても色々あった2022年もいよいよ終わります。新たに感想はアップしませんが、少しづつ再読していた亡き津原泰水さんの短編集「綺譚集」をギリギリ本日読み終わりました。やはり傑作です。 再読とか上下巻などありますが、目標としていた60冊によう…

地図と拳

著者:小川哲出版社:集英社 日清、日露戦争から第二次大戦の終焉まで、満洲国の架空都市を舞台とした 国家の建設と戦争をめぐる群像劇。 日本、中国、ロシアの思惑と登場人物の理想と野望が複雑に絡まり合いながら 歴史を紡いでいく。 戦争構造学研究所を主…

嘘と聖典

著者:小川哲出版社:早川書房 著者初の短編集、6編。 父と子の関係にSF的要素である過去と現在を掛け合わせた内容が多かったが、 マジシャン、競走馬、音楽、歴史改変など舞台設定が独特。 タイムマシンとマジシャンの組み合わせが嵌った「魔術師」は家族と…

ゲームの王国(上/下)

著者:小川哲出版社:早川書房 舞台はカンボジア。カンボジアといえばポル・ポトが浮かぶが、 ポル・ポトの隠し子と言われるソリアと田舎の村で育つ天才児ムイタックが主役。 虐殺を免れるためにどう生き残るか、緊張の連続で史実に かなり沿ったかたちで物…

ユートロニカのこちら側

著者:小川哲出版社:早川書房 「2010年代SF傑作選2」で読んだ「バック・イン・ザ・デイズ」 を 読んだことをきっかけにいよいよ読むことに決めた小川哲。 まずはデビュー作からということで本作を選ぶが、 この連作集の中に「バック・イン・ザ・デイズ」は…

2010年代SF傑作選2

編集:大森望/伴名練 出版社:早川書房 「2010年代SF傑作選1」はベテラン勢で、 第2弾は2010年代にデビューした人たちという括りとのこと。 既読は「スペース金融道」 と「従卒トム」の2作品のみ。 「従卒トム」はやっぱり面白いが、この傑作選では小田雅…